羽毛布団の管理やクリーニングについて

日本は四季折々の季節を感じられる国であり、季節毎に気温や湿度が大きく変わります。


衣類は洗濯機や手洗いなどで家庭でも手入れがし易くなっていますが、布団はサイズも大きく簡単に洗濯は出来ません。
タオルケットや毛布などは大型洗濯機のあるコインランドリーなどで洗って乾かすことも出来ますが、冬の時期に活躍する羽毛布団は簡単に洗うことも出来ないのです。羽毛布団は日本の中でも広く利用されている寝具であり、羽毛が作り出す柔らかさとクッション性によって生み出される高い保温性がその特徴にあります。

羽毛布団のクリーニング情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

保温性に長けていながらもその軽さも魅力的ですが、家庭で簡単に洗濯する事は難しい布団でもあるのです。


羽毛布団の管理方法としてはカバーのこまめな洗濯と天気の良い日の日干しをする事が基本です。


元々羽毛には高い放湿性を持っている為に、日干しによって汗に含まれている水分は布団の中身は目には見えません。
毎日使用する事によって布団の中の羽毛は少しずつ汚れを吸着していきます。

とはいえ、寝ている間には知らぬ間にかいている多量の汗の中には皮脂や塩分、ホコリなどは布団の外には発散されません。それらの汚れが羽毛に絡みついていくと膨らみを失ったり、保温機能を低下させる原因にもなるのです。



日干しをしても布団の膨らみが回復しなくなったり、布団が詰めたく感じるようになった、臭いが気になるなどの状況になった場合にはクリーニングに布団を出して綺麗にする事が大切になります。クリーニングに出すタイミングとしては、冬の時期が終わって羽毛布団を保管場所に収納する前が最適です。

クリーニングに出すと汚れが取れた状態で保管が出来る為に羽毛の質を保つことが出来るのです。